名古屋市天白区のナイトウダンススクール 社交ダンスの教室です。
トップページ イベント案内 ダンス未経験の人 教室案内 高齢者ダンス
社交ダンスについて考える  若者ダンス  資料   サルサのページ リンディホップや
スウィング・ダンスのページ
 
高齢者のダンス、認知症予防などのためのダンスのページ
または、コグニダンス(
=認知機能を高め、老化を防止するダンス)のページ

★今、はやりの“コグニダンス“とは??

コグニダンス(Cogni-Dance)とは、国立の研究機関(愛知県)と、私たちダンスの先生からなる数名の委員が協力して、軽度認知障害(MCI)の人達の認知機能改善に効果があるかを、臨床試験的に、2014年から、グループレッスン的に、ダンスの教授をメインにして、その開始前と終了時(途中にも)などに、心拍数、血圧測定、脳の断層撮影、認知症的要素の検証(たとえばβアミロイドの測定など)を伴って、2015年までほぼ1年をかけて遂行されました、その時のダンスのことを言います。その結果、『社交ダンスは、軽度認知障害の改善に効果があります!』と実証されました。その検証を通じて、使われ、用いられ、研究されて改善され、そして主に認知症対策(精密に言うならば、“現在の認知機能の維持、向上、現在の身体・運動機能の維持、向上に役立つ運動、手段としての対策)としての医学知識を踏まえた、高齢者に実施され得るような、社交ダンス(サルサなどの他ダンスも含む、総合的で豊かなメニュー)のことを、特に『コグニダンス』と言います。小国(こぐに)ダンススクールという、小国恵一先生(誰、それ?)の教室のことではありませんよ。言わばこれは、コグニティブ・ダンス(=Cognitive Dance)という語を短縮した、一種の“造語”です。ちなみに、コグニティブとは、『認知機能に関する』という意味の、あまり普段の日常では使わない英単語(形容詞)です。なので、コグニダンスとは、“認知機能を高めて、認知症などに(かか)らないようになる、健康な生活を約束するダンス”のこととでも言えましょう。そして、今現在、このコグニダンス“創出・創造”にかかわったダンスの先生方が中心になって、コグニダンスを指導できる体制を整備すべく、その指導士の研修テキストなどの作成に取り組んでいますから、これから、徐々に、『コグニダンス』は世に出ていく事でしょう。(ちまた)では、10何年もすれば、もう高齢者の数人に一人は、認知症になるとも言われていますので、この“コグニダンス“の需要は、日々増大する事でしょう!!

        ※上記のイラストは、ダウンロードして、バンバンお使い頂いて大歓迎です。
◎平成28年9月12日(月)NHKの午後6時10分からの番組『ほっとイブニング』の中の、豊田美穂レポーターの生中継(6時半〜の6分)の時に、『コグニ・ダンス』が紹介され、わたくしダンサー内藤も、冒頭の3秒ほど、豊田美穂レポーターとジルバを踊っているシーンで、映っております。また、“日本コグニダンス協会“の会長の松岡一昭先生が最後に、解説して、簡単な足型を皆様と踊っております。

新企画…好きな時間に習えるコグニダンス・全10回完結コース⇒1回30分のレッスンを10回で5,000円(1回はワンコイン分で超お得)・・・・個人レッスンで行なうので、月〜土曜日までの午前、午後又は夜間で、(例えば、歯医者さんの予約の様に)ご自分達の都合のよい時に習えます。入会金も無しで、全10回で『卒業』です。(週2回または1回のペースが、最も効率よく習えます。レッスン有効期限は3ヶ月です。)本当は、継続された方が良いのですが、自分でコグニダンスを、生活の中に取り入れて、広い意味での、認知症対策などに役立てたい方にお勧めです。

  お申し込みは、下記か直接、教室(TEL&FAX 052-895-5405)か、    内藤和己の携帯 090-1726-9996までどうぞ。


お申し込み(ご質問・お問合せ)はコチラから

→もっと詳しい解説を見る
→コグニダンスが紹介された朝日新聞の記事を見る
“日本コグニダンス協会”承認・コグニダンス講座実施場所(教室)一覧


    

毎週火曜日の、午前10時15分〜11時15分までの1時間、コグニダンス講座を開講中です。現在16人ほどで“盛況”ですが、ドンドン“増員”したいので、希望者は是非とも、今すぐ、ご参加くださいませ。

     なお、毎週水曜日の午前中のコグニダンス講座は、人数不足のため、涙を飲んで、“閉鎖(廃      部?)”になりました。


                         ⇒受講申込書


                    又はここから、⇒お申し込み(ご質問・お問合せ)はコチラから






以下のレッスン動画は約3〜5日毎に更新いたします。毎回新しいレッスンをお楽しみください!
なお、動画レッスンはユーチューブで、現在800本ほど公開中です。

                                                            
先回に引き続き、社交ダンスの基本のひとつである、ジルバの入門級をお届け申し上げます。『ちょこっとジルバが踊れたら…』の第5回目です。ダンスの王道ですわなも。 先回から引き続いて、コグニダンス、高齢者の皆様の健康のためのダンスという事で、原点に戻って、『介護社交ダンス』の第7回目です。


社交ダンスはとても素晴らしく、健康に良いです。若い人達はバリバリ体を動かせば、男女は組んで一緒に踊るので、超簡単にボーイフレンド、ガールフレンドが出来ますし、最近の新聞記事によれば、国立の研究機関(愛知県)が、高齢者の認知症予防プロジェクトを展開する中で、ダンスを取り入れておりますが、それは、社交ダンスには(足型を覚える時に)頭脳を使い、パズル的要素があるので、ボケ防止にとても効果的だからです。もちろん身体も動かすし、老若男女入り混じって、男女和気藹々(=わきあいあい⇒表現が古いな〜、おいらも・・・・)とできるので、一石二鳥どころか一石三鳥、一石四鳥の素晴らしさなのです。
しかし、現実としては、10代、20代、30代、40代の人がほとんどやっておりませんので、このままでは本当に社交ダンス(競技ダンス含む)は"絶滅""死滅"してしまうのでは??と真剣、心から危惧しております。そういう事の絶対ない様に、わたくしダンサー内藤は、全身全霊でこの社交ダンスシリーズを解説・展開しておりますので、どうぞお楽しみ下さいませ。
数分のご視聴で、貴方も素晴らしいダンサーになれます

※これらの映像は、コンピュータやスマートフォンで、スローモーションや一時停止などもしづらく、見にくいので、DVDにダビングしてほしいという問い合わせや依頼がかなりあります。ちょこっとシリーズ等の8回分を1枚のDVDに落として販売するサービスも行なっていますから、メールや、携帯電話で直接でお問い合わせくださいませ。ただし、僕の主演していない外部のユーチューブ動画に関しては、僕が勝手にダビングできないので、そういう販売は不可能です。ご了承くださいませ。



Copyright (C) 2010ナイトウダンススクール. All Rights Reserved.